スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉賞 考察

コース改修後の03年以降の傾向を中心に

<優勝馬の傾向>
■前走OP優勝もしくは重賞連対の
  父SSまたはロベルト系
■前走芝2200m以上500万優勝の複勝率100%馬
■芝2200m以上OP(すみれS)連対経験馬

過去10年で
父SS
父ロベルト系以外の優勝は
カーネギーダイアン(サドラーズウェルズ×ミスプロ)
ルゼル(ミスプロ×リボー)
母父ミスプロや
(父ターントゥ系以外では)
ミスプロと欧州スタミナ系との配合がいい感じ?

例外
ハイアーゲーム
・SS×リボー
・全成績(2.1.1.1.0)
・東京(2.1.0.0.0)
・芝2000m重賞③④着(阪神・中山)
・全5戦とも上り2位以内

開幕週の芝中距離は
ほぼヘイロー、ロベルトとターントゥ系で決着

▽該当馬
アドマイヤコマンド(SS×サドラーズウェルズ)
オリエンタルヨーク (ロベルト×ミスプロ)
モンテクリスエス(ロベルト×ノーザンダンサー)

<連対馬の傾向>
■前走OP優勝もしくは重賞連対馬
■前走芝2200m以上500万優勝馬

例外
ニシノドコマデモ
・キングヘイロー×サッカーボーイ
・東京(1.0.1.1.0)
・東京芝1600mOP優勝
・東京芝1800m重賞③④着
・東京OP3戦は
 2戦が上り最速、1戦が上り3位
トーセンマーチ
・フレンチデピュティ ×SS
・前走未勝利勝ち
・東京芝(0.2.0.0)
・デビューから3戦とも上り3位で連対(1.2.0.0)

東京OP実績馬や
前走優勝の東京連対(複勝)率100%馬
注意か

▽該当馬
ドリームキューブ
ニシノエモーション (ロベルト×サドラーズウェルズ)
マゼラン

ファビラスボーイ

上記条件に該当しない
複勝圏好走馬は
ブレーヴハート
・SS×ミルリーフ
・弥生賞⑥着(上り3位)
エイシンテンリュー
・SS×サーゲイロード
・毎日杯⑤着(上り最速)
前走芝2000m重賞で
上り3位以内⑥着以内のSS産駒2頭


スポンサーサイト

天皇賞・春 考察 【傾向 2】

若干重複も整理・補足しながら
傾向まとめ

<優勝馬の傾向>
【4歳】
■菊花賞馬
■重賞連勝(もしくは菊花賞③着以内)の
  前走阪神大賞典優勝馬

例外
スズカマンボ
・SS×ミスプロ
・G1出走回数:4回
・菊花賞⑥着(0.4秒差)
 先着された5頭不在で最先着馬
・近2走とも古馬混芝2000m以上OP③着以内
メイショウサムソン
・オペラハウス×リファール
・G1出走回数:5回
・二冠馬
・菊花賞④着(0.7秒差)
 先着された3頭不在で最先着馬
・前走芝2000m重賞(大阪杯)優勝馬

【4歳以上】
■芝3000m超G1優勝経験馬

例外
サクラローレル
・ブラッシングルーム×トゥルビヨン
・G1初出走
中山記念①着→G1初出走
対戦ストレス、生涯ストレスがなかったのもプラスか
長期休養挟み7走連続連対
近5走で(4.1.0.0))
②着もハンデ戦で1.5kg軽量馬に0.1秒負け
イングランディーレ
・リファール×ロベルト
・G1出走2回(うち1回ダート)
・芝3200m重賞(ダイヤモンドS)優勝
・前走ダ2400m重賞②着

■G1出走2戦以内の前走重賞連対馬

▽該当馬
アドマイヤジュピタ(母父ロベルト)
メイショウサムソン(サドラーズウェルズ×リファール)

アサクサキングス(リファール×SS)

<連対馬の傾向>
■前走芝2500m以上OP優勝もしくは重賞連対馬
■(バウンド)延長のダイヤモンドS連対馬

ステイゴールド
芝32②着→芝25④着→芝32②着
エリモエクスパイア
芝34②着→芝25⑩着→芝32②着
去年は
③着トウカイトリックも
芝34①着→芝30③着→芝32③着
ダイヤモンドS、春天ともに同タイムも
ダイヤモンドSでは斤量差(4kg)もあった
エリモに実質逆転され
阪神大賞典経由で3000m超3連戦より
日経賞経由がいい感じ

例外
サンライズジェガー
・ロベルト×テスコボーイ
・G1初出走
・3走前芝2500m重賞優勝(アルゼンチン共和国杯)
・休み明け3走目
①着も休み明けの近2走不振だったヒシミラクル
叩き3走目のステイヤーか

■近3走以内芝2500m重賞優勝かつ
  G1出走経験の浅い
  上記6血統のいづれかを持つ馬に注意

▽該当馬
アイポッパー(ディクタス×SS)
アドマイヤモナーク(父サドラーズウェルズ)
トウショウナイト

シルクネクサス(父ロベルト)

上記条件以外で複勝圏好走は
トウカイトリック
・ミスプロ×ロベルト
・前走阪神大賞典③着
ローゼンカバリー
・SS×ノーザンテースト
・前走日経賞③着

■前走芝2500m以上重賞③着以内好走の
  上記6血統のいづれかを持つ馬
に注意か

▽該当馬
ポップロック(母父SSでは・・・?)

淀の長丁場で関東騎手は割引
(ノリ、エビショー除く)
ウッチーといえどそれ以上を期待は出来ないか
G1②③着の実績は
余計な人気が付いてくるだけで
それ自体は買い材料にはならない印象だが


天皇賞・春 考察 【傾向 1】

過去10年で8勝の4歳馬
まずは芝3000m超のG1菊花賞馬だが
過去20年で前年菊花賞馬は
優勝6頭
不出走9頭
4歳馬中心ではあるものの菊花賞馬の
半分は不出走
出走馬の半分も敗退している

優勝したのは
メジロマックイーン
・前走①着(0.2秒差)
・菊花賞以後負けなし
・G1出走回数:1回
ライスシャワー
・前走①着(0.4秒差)
・G1出走回数:4回
ビワハヤヒデ(阪神開催)
・前走①着(1.1秒差)
・G1出走回数:4回
マンハッタンカフェ
・前走0.5秒負け⑥着(6-5-3-3)
・G1出走回数:2回
ヒシミラクル
・前走0.5秒負け⑦着(12-12-10-10)
・G1出走回数:2回
ディープインパクト
・前走①着(0.6秒差)
・菊花賞以後負けなし
・G1出走回数:4回

残り5頭は
マヤノトップガン⑤着(優勝:サクラローレル)
・前走アタマ負け②着(4-4-1-1)
・菊花賞後のG1:有馬記念①着
・G1出走回数:2回
セイウンスカイ③着(優勝:スペシャルウィーク・牡4)
・前走①着(0.9秒差)(1-1-1-1)
・菊花賞後のG1:有馬記念④着
・G1出走回数:4回
ナリタトップロード③着(優勝:テイエムオペラオー・牡4)
・前走0.4秒負け③着(5-6-6-5)
・近3走オペラオーに敗退
・菊花賞後のG1:有馬記念⑦着
・G1出走回数:4回
エアシャカール⑧着(優勝:テイエムオペラオー)
・前走0.1秒負け②着(13-13-14-8)
・菊花賞後のG1:JC⑭着
・G1出走回数:5回(うち海外1回)
ザッツザプレンティ⑯着(優勝:イングランディーレ)
・前走0.2秒負け②着(3-3-3-2)
・菊花賞後のG1:JC②着→有馬記念⑪着
・G1出走回数:5回

接戦(0.2秒以内)で(同世代に)負けた馬
>接戦ストレス、成長力差
菊花賞後のG1で2桁着順で敗退した馬
>世代レベル疑問
は割引く必要がありそう

■前走勝ち
ひとまず複勝圏
■前走負け
接戦×
逃げ・先行×
同世代×

差せず負けてる分には巻き返し可能も
前走先行で接戦負けしている馬は
疲労、ストレスの不安が付きまとう
また前走負けから巻き返した2頭は
G1出走回数2回
G1キャリア過多の場合、
生涯ストレスから
上積みよりダメージが大きくなる印象だが
セイウンスカイの場合
重賞連勝で阪神大賞典優勝の4歳馬は
菊花賞馬と同等(以上)の扱いをすべきか?
(下記にて)

近4年の連対馬は
SS産駒と
父もしくは母父に
ロベルト系
リファール系
この3血統同士の配合馬か
この3血統とミスプロ系の配合馬が特にいい印象
(8頭中6頭)
ブラッシングルーム系
サドラーズウェルズ系
ディクタス系
を含めた6つの血いづれも持っていなかったのは
近13年で
メジロブライト
・メジロライアン×マルゼンスキー
・前走阪神大賞典①着
ジャングルポケット
・トニービン×ヌレイエフ
・前走阪神大賞典②着
の2頭
阪神大賞典連対馬以外は割引で

アサクサキングス
菊花賞後G1不出走も
3歳時G15戦出走
前走(3-2-2-2)で0.2秒差③着の先行僅差負け
ロックドゥカンブが有馬記念④着とか
(世代レベルクリア?)
リファール×SSの血は好相性だが
(去年のサムソンはG15戦消化も、前走優勝で)
ギリギリ(アウト)の印象も・・・

菊花賞馬以外の4歳馬の優勝例は
メジロブライト
・菊花賞③着
・重賞連勝で阪神大賞典優勝
スペシャルウィーク
・菊花賞②着
・重賞連勝で阪神大賞典優勝
テイエムオペラオー
・菊花賞②着
・重賞連勝で阪神大賞典優勝
スズカマンボ
・菊花賞最先着(⑥着)
・近2走ともOP③着以内
メイショウサムソン
・菊花賞最先着(④着)
・前走重賞優勝

【出走予定の4歳馬】
アサクサキングス
フォルテベリーニ
ホクトスルタン

応援したい馬もいるがかなり厳しい1戦になりそうな・・・



過去10年ではサンプルが少ないので
少し遡って5歳以上の優勝馬をみると
ライスシャワー
・菊花賞馬
サクラローレル
・G1初出走
・前走芝1800m重賞優勝(中山記念)
マヤノトップガン
・菊花賞馬
テイエムオペラオー
・前年優勝馬
イングランディーレ
・G1出走2回(うち1回ダート)
・前走ダ2400m重賞②着(ダイオライト記念)

■芝3000m超G1優勝経験馬
■G1出走2戦以内の前走重賞連対馬

▽該当馬
アドマイヤジュピタ(母父ロベルト)
メイショウサムソン(サドラーズウェルズ×リファール)

フレンチデピュティの初G1てどうよ?
アンブロワーズ:阪神JF②着
クロフネ:NHKマイルC①着
サンアディユ:スプリンターズS②着
フレンドシップ:JDD①着
あとG1好走例は
グラスエイコウオー:NHKマイルC②着
ピンクカメオ:NHKマイルC①着
レジネッタ:桜花賞①着
がG12回目で連対
見事にマイル以下ばかりだが・・・
(ダートと)
通用する馬は1、2戦目で結果が出る感じか
(逆にダメならライラプス・・・)

サムソンは
去年も優勝条件はギリギリクリア?の感で
マックイーン、オペラオー級ではないだろうが
復調なら今年のメンバーでもといったところか


せんしゅうのけいば 【4/26 27 そして21】

フローラS
赤松賞の直線
並ばれて突き放したのが印象的だった
東京替り、開幕週の馬場
①④の総流しは握ってたけど
BOXに正海くんがいないよ・・・
前走勝ちの内容がちょっとイメージに合わなくて
1、2戦目から(相手みても)は拾えたか?
ってか馬連でいいのに
センスの欠片もないね・・・

アンタレスS
すでに橘Sで
3複①③④着・ワイド③④着で撃沈
フローラS見た後では手を出す気には・・・
不調期(?)のBT産駒を
あえて拾うタイミングでもなかろうし
回避成功か
チャンストウライ(13番人気)
キクノアロー(12番人気)辺りが絡んでたら・・・
って意味でも

京都7R_080426
京都7R_080426

晒すほどの馬券でもないが唯一の当たり
(相変わらず引きが弱い)
土日曜で綺麗に溶かしてしもた(- -;

ま、こんな話どうでもいいんです・・・

続きを読む

フローラS 考察

負けるが勝ち
牝馬の連勝が難しいのはよくあること
ここを勝ってオークスを勝った馬も
20年前桜花賞馬マックスビューティまで遡る
このレースでも例にもれず
前走500万で勝ってた馬が
同じレースで負かした馬に逆転されるなんてこともあり
過去10年で前走優勝馬が連勝したのは
マックスキャンドゥ
マニックサンデー
ベッラレイア
と複勝率100%馬
マックスキャンドゥ
マニックサンデーのように
ダ1800m勝ちのある馬も見られるが
芝③着以内の実績は必要
(初芝もマイナス)

これ以外の臨戦過程をみると

▽前走芝2000m
ニシノハナグルマ
・500万④着(8-8-6-3)
シンコールビー
・500万⑦着 (8-8-7-10)
・上り最速経験2回
ヤマトマリオン
・OP⑤着 (9-9-6-9) 上り3位

改修後の東京コースでは
ラスト3Fで最速ラップが出るのがデフォか?
4角のポジションより上の着順
上り上位(3位以内)もしくは上り最速経験あり
なタイプを優先

▽フラワ-C
オイワケヒカリ ②着(9-9-6-3)
メイショウオスカル ③着(1-1-1-1)

このレースまでの一番長い牝馬重賞
素直に上位馬を拾うか

▽その他
スティンガー
ディアデラノビア

デビュー2、3連勝を
芝1600m上り最速で優勝のSS産駒
前走休み明けや前傾で負けていた馬なら
より妙味ありか?

<優勝馬の傾向>
■前走1800m以上優勝の複勝率100%馬
  (要芝③着以内)
■前走芝2000mで②着以下かつ4角より上の着順
  また上り(3位以内)か最速上り経験馬
■フラワ-C③着以内(①着馬は要複勝率100%)
■芝1600m上り最速で優勝経験のあるSS産駒

▽該当馬
アポロクイック
キュートエンブレム
グラーフ
シングライクバード
レッドアゲート

SS直仔以外でも
前傾で差し脚が鈍ったタイプが
延長、ペース弛みでキレ復活のイメージなら
(距離考慮すれば要マイル以上の実績)

アグネスミヌエット
新馬:1:37.6(上り34.9)
12.8 - 10.9 - 12.9 -
12.8 - 12.6 -
12.2 - 11.6 - 11.8
36.6-25.4-35.6=1:37.6

500万:1:35.4(上り35.1)②着
12.6 - 11.1 - 11.7 -
12.2 - 11.9 -
11.6 - 11.9 - 12.4
35.4-24.1-35.9=1:35.4

2走ともに上り最速
ただ、キャリアは物足りないし
同じような脚しか使えないかもだが・・・

<連対馬の傾向>
■前走芝1800m以上優勝馬

例外
フサイチエアデール
・SS×ミスプロ
・桜花賞②着
・シンザン記念優勝
カリスマサンオペラ
・オペラハウス×テスコボーイ
・芝2000m出走経験あり(1.0.1.1)
・前々走500万優勝
タイムウィルテル
・BT×サドラーズウェルズ
・芝2000m出走経験あり(0.0.0.2)
・前々走500万優勝

■桜花賞連対馬
■牡馬混重賞優勝経験馬
■芝2000m出走経験ある
  前々走500万1800m以上優勝馬

▽該当馬
カイゼリン
フィックルベリー
ポコアポコフォルテ
ユキチャン

さてこれでどのくらい絞れるものやら・・・


アンタレスS 考察

おまっとさんです
の京都開催
待ち人来たらず
は残念至極ですが
ぼちぼち予習をば

ワイルドワンダー(7-6-7-6)(上り35.7)
12.1-10.8-12.7-
12.6-12.9-12.6-
12.2-12.1-11.9
35.6-38.1-36.2=1:49.9

フィフティーワナー(1-1-1-1)(上り36.1)
12.2-11.6-12.4-
12.2-12.2-12.3-
11.9-11.9-12.3
36.2-36.7-36.1=1:49.0

ピットファイター(3-3-2-2)(上り 36.1)
12.1-11.0-12.9-
12.7-12.6-12.2-
12.0-11.9-12.4
36.0-37.5-36.3=1:49.8

タイムパラドックス(9-9-8-8)(上り36.0)
12.3-11.3-12.9-
13.0-12.9-12.2-
12.1-12.3-12.5
36.5-38.1-36.9=1:51.5

ゴールドアリュール(2-2-2-1)(上り37.2)
12.0-11.2-12.4-
12.2-12.3-12.3-
12.2-12.4-12.7
35.6-36.8-37.3=1:49.7

同レースの優勝馬で
登録馬から流れの中心にもなりそうな
フィフティーワナーは
このレースが例外で
本来はタメ逃げ志向な印象も
(近5走ともヤネが違うのでなんともですが・・・)
ただ、仁川Sが中盤緩すぎだったとはいえ
(短縮、輸送、トップハンデ考慮しても)
前走程度の流れで脚を失くしたのは
4歳時に比べると
その出来にはないと見るのが妥当か?
ただ1角入る頃にサンツェッペリンが外から先頭に
逃げ馬がバテたところに
マコトスパルビエロに並びかけられと
脚を使わされた印象で、
近2走で先着している馬には負けないだろうし、
3戦3勝の京都、
すんなり先行できれば現状の能力でカバー出来るか?
となると、
それなりに速い上りに順応出来ない馬には
厳しいレ-スになりそうだが・・・

<優勝馬の傾向>
■京都ダ1800mOP優勝経験馬
■前走OP優勝もしくは
  重賞連対馬(要ダ1800m連対経験)
■連勝馬(要ダ1800m優勝経験)

例外
エムアイブラン
・ブライアンズタイム×グレイソヴリン
・2走前ダ1800mOP優勝のバウンド延長
ピットファイター
・ボールドルーラー×ダンチヒ
・ダ1800mOP含む3連勝
・休み明け3走目のバウンド延長

■ダ1800mOP優勝経験のあるバウンド延長馬

▽該当馬
ゲイルバニヤン
ナナヨーヒマワリ
ピットファイター
フィフティーワナー
メイショウトウコン
ロングプライド
ワンダースピード

<連対馬の傾向>
■前走優勝馬(要京都ダ1800m優勝経験)
■重賞優勝馬(要京都ダ1800m優勝経験)

例外
ジェーニオ
オーガストバイオ
■近4走とも連対

ホーマンスピリット
アルアラン
■京都ダ1800m準OP優勝経験馬

イーグルカフェ
■ダG1(1800m)優勝経験馬

▽該当馬
キクノアロー
サンライズバッカス

チャンストウライ

いかにも谷間重賞というか
3重賞とも大雑把な傾向で括るより
各馬の適性をみる必要がありそう
登録馬多いんで
出走馬確定してから再考


川田将雅騎手 【G1初制覇】

▼川田将雅
川田将雅_071027_01
写真:1000万下 ホワイトペッパー

それっぽい勝負服
それっぽい芦毛馬
の写真をみつけた(笑

なんかあっけなくG1ジョッキーにって感じだが
>先週があの人だけに
初G1祝いを兼ねて在庫整理

続きを読む

さっきのさつき賞

関東G1
関西小野真弓ゲストはヴィクトリアマイルと同じ
松岡ー柴田 枠2-2
→連対騎手、ゾロ目(同枠要素警戒?)
CLUB KEIBA RULEで、
皐月賞親子制覇の話
→アグネスタキオン産駒
ポスターで、
双眼鏡片手に「自分が見える」
→3枠アグネスタキオン産駒同居

傾向、ゲストを大切にすれば
中心はマイネルチャールズ
ただストレスの心配などアタマ確実とは言い難く
もし負けるなら3枠同居のタキオン産駒にか?

皐月賞
皐月賞_3連複_070420

皐月賞_3連単_02_080420

皐月賞_3連単_01_080420

・・・なんで当たってないのさ
そのハナ差が想定外...orz

タキオン産駒>ギムレット産駒
ギムレット産駒は見事に崩れてくれたのに
タキオン産駒3頭は①④⑦着
ただ血の底力を示した印象はなく
勝ち切るには
底力を問われることなくレースの主導権を握る
逃げは必須か?

今後も母父ナスルーラ系種牡馬の産駒はG1で割引
でも、アグネスタキオン産駒の逃げ馬は別腹で

上位馬がそのままダービーで人気するとは思えない
内容、結果になったので
東京変わりでとかいって
アルバやアソートでもまた人気しそうな
ミスリードに惑わされないよう
自分でちゃんとネタ仕込まないとな

いまに始まったことではないが、
この引きの弱さはなんとかならないものか・・・
ギリギリでも久々の万馬券
開催変わりで、
このリズムもいい方に変わればいい・・・ることを信じて


パラッパラッパーM

にわかラッパー&Mラー的考察
ですので間違ってたらm(_ _)m
(もしくは優しくご指摘くださいw)

続きを読む

レジネッタ 【桜花賞】

▼レジネッタレジネッタ_080413
写真:桜花賞

唯一写ってはいたものの・・・
かろうじて見れるレベルw



マイラーズC 考察

<優勝馬の傾向>
■中山記念④着以内かつ近2走以内OP優勝
■中山記念連対馬
■近2走以内芝1600m重賞優勝
■マイルG1連対経験馬
■マイラーズC優勝経験馬

例外
コンゴウリキシオー
・ヌレイエフ×ミスプロ
・2走前芝1800mOP優勝
・前走芝2000m(⑫着)から距離短縮

コース改修後の優勝馬を
例外扱いってどうなのさ?
ってツッコミも気になるところですが、
ローテや実績にかなり類似性も見られる印象。

コンゴウリキシオー
芝18①着→芝20⑫着→芝16①着
マイソールサウンド
芝16①着→芝18④着→芝16①着
ジョウテンブレーヴ
芝18①着→芝18②着→芝16①着
のような
2走前OP優勝→前走負け→短縮(バウンド短縮)
がハマりやすいレースか?
中山記念組が好成績だったりもして
近2走でOP勝ちのある短縮馬に注意したい。

条件増えたが
絞込みのフローチャートとしては

前走
・マイルOP優勝
・中山記念連対

で取り捨て
残りを

近2走
・OP優勝かつ中山記念④着以内
・OP優勝かつ前走から距離短縮
・マイル重賞優勝

で取り捨て
残りを

実績
・マイルG1連対

で取り捨てなら
近2走分の馬柱とG1連対馬かどうかで
ひとまず選別終了w

▽該当馬
エイシンドーバー
カンパニー
コンゴウリキシオー
ドリームジャーニー

オースミグラスワン
トーセンキャプテン

<連対馬の傾向>
■前走優勝馬(重賞もしくは連勝)
■前走芝1600m重賞③着以内好走馬
■G1③着以内好走経験馬

▽該当馬
ハイアーゲーム
ヒカルオオゾラ

今年の結果が結果だったこともあるが
桜との枠や血統をリンクして考えない方がいいかも・・・
去年もリンクしてなさげだし


皐月賞 考察

<優勝馬の傾向>
■中山芝2000mOP優勝経験馬
■近2走とも重賞連対のスプリングS優勝馬

過去10年で
中山芝1800m以上OP優勝経験のなかった馬は

テイエムオペラオー(父オペラハウス)
毎日杯 ①着(5-4-4-3)
12.7-11.5-13.0-
13.3-12.3-12.3-12.1-
12.6-11.8-12.5
37.2-50.0-36.9=2:04.1

前走毎日杯を4馬身(0.7秒)差で優勝
未勝利勝ちから4連勝

ノーリーズン(父ブライアンズタイム)
若葉S ⑦着(3-3-3-3)(2:02.4-35.7)
12.9-11.1-12.4-
12.5-12.2-12.9-12.5-
11.6-11.2-12.2
36.4-50.1-35.0=2:01.5

こぶし賞 ①着(3-3)
11.8-11.6-11.9-12.2-12.1-12.2-12.0-11.7
35.3-24.3-35.9=1:35.5

デビューから3戦の上がりが
36.2、35.6、35.7
前走は決め手勝負に付き合って敗退か?
流れが厳しくなって台頭はBT産駒らしくもあり
ダンツフレームの②着もあり
マイル戦を勝ってるBT産駒とか注意?

ダイワメジャー(父SS)
スプリングS ③着(2-2-2-2)(1:48.5-36.3)
12.5-11.6-11.9-
11.9-11.8-12.4-
11.9-12.0-12.3
36.0-36.1-36.2=1:48.5

3F目からもペースが落ちず
前・中・後盤ほぼ均一ラップで
(詳細はその筋の人にでも)
ここではひとまず
前・中・後盤弛みないラップを先行して
中山トライアル重賞③着以内の
特定種牡馬の産駒(下記にて)は注意ってことで

ヴィクトリー(父ブライアンズタイム)
若葉S ①着(2-2-2-1)
12.4-11.0-12.3-
12.8-12.3-12.7-11.7-
11.5-11.8-12.7
35.7-49.5-36.0= 2:01.2

ラスト4F勝負で優勝のBT産駒
メジャーしかり
前走厳しい流れを先行好走している
特定種牡馬の産駒(下記にて)は注意したい
今年の若葉Sは道中落ち着いた流れを
タキオン産駒が逃げ切り。
内容もさることながら、
牝馬限定戦はともかく
母父ナスルーラ系種牡馬産駒はG1で割引
去年のオーラしかり
G1での底力は期待できない
去年の
ダスカ(有馬)に
ウオッカ(ダービー)
は例外中の例外
連対率100%のG1馬という個体の能力はもちろん
牡馬の格付けに影響を与えない
(繁殖ライバルという意味で)
牝馬だったの認識で。
今年もタキオン、ギムレット産駒を
積極的にG1でアタマでは買いたくない

中山芝2000mOP優勝経験のなかった馬は
ネオユニヴァース(父SS)
メイショウサムソン(父オペラハウス)
近2走とも重賞連対のスプリングS優勝馬

SS産駒登場の94年以降
当レースの優勝馬は
SS
ブライアンズタイム
オペラハウス
の3種牡馬産駒の寡占状態
例外は
シェリフズスター(ハイペリオン系)産駒の
セイウンスカイのみで
極端な異系の血の主張以外は通用しないか?
該当産駒の数は少なくなりつつあるが
有力馬のいる今年も影響力は続くか?

上記3種牡馬産駒の
■前走重賞優勝の連勝馬
■近2走以内ラスト4F勝負優勝経験馬
■近2走以内後傾でない
  500万以上のマイル戦優勝経験馬
■前・中・後盤弛みないラップを先行して
  中山トライアル重賞③着以内経験馬

こんなタイプは個別に判断する
必要がありそう
3種牡馬の産駒は1頭だけ
異系と呼べる父の産駒も不在ではあるが

▽該当馬
スマイルジャック
マイネルチャールズ(父ブライアンズタイム)

<連対馬の傾向>
■中山芝2000m重賞連対経験馬
■複勝率100%馬

▽該当馬
アドマイヤコマンド
ショウナンアルバ
ブラックシェル
ベンチャーナイン

上記条件に該当しなかった
複勝圏好走馬は

チタニックオー
・トウカイテイオー×リアルシャダイ
・シンザン記念②着

前走弥生賞敗退も
北九州3歳S
シンザン記念
スプリングSと3連勝
皐月賞②着のダイタクリーヴァに
北九州3歳S
シンザン記念で②着
また異系の父の血も騒いだか?
OP連勝馬の②着に好走歴のある馬に注意
ってとこで

今年のOP連勝馬は
マイネルチャールズ1頭。
OP3戦全て中山芝2000mなので
連対馬も皐月の連対傾向クリア
この馬を中心に考えることになるのは
間違いなさそうだが、
ブラックシェルは、
遅い流れをラスト5Fから仕掛けて
マイネルチャールズとの接戦を演じた
ホープフルSが印象的も
乗り替り、血統、
前走権利取りに仕上げた節もあり
上積みの期待は?
ベンチャーナインは、
好走は中盤弛むレースが理想か?
登録馬を見る限り
少し理想とは違う印象で・・・
ヤネの手腕も併せて外枠も割引か
また
アドマイヤコマンドは、
キャリア、初輸送、初コース
と課題は多い
それが大事なことも
去年ココナッツパンチが証明しているので・・・
ショウナンアルバは、
スマイルジャック
ノットアローン
が前走より速い流れを作るとは?
再度控える形なら再度自滅も・・・

流れ次第で
大幅にパフォーマンスを落としそうな馬もいるだけに
チャンスのありそうな馬を探したいところですが


妖精のきまぐれメニュー

ポルトフィーノの回避で
エルフィンS最先着馬に。
妖精が魔法をかけたのはこの仔だったか・・・

▼小牧太
小牧太_080413

やっぱり直線はほとんど見えないし
やっぱり写真は全く撮れないし

そんで
G1初制覇のこの人。
当たってない人がほとんどだろうに
ファンはありがたいよねフトシくん。
還元してくれるのを期待してますよ。
>いろいろね

これ以上回顧する気力もないので

桜花賞表彰式_01_080413

桜花賞表彰式_02_080413
写真:桜花賞


ニュージーランドトロフィー 考察

<優勝馬の傾向>
【00年】
エイシンプレストン
・ニジンスキー×リファール
・朝日杯FS①着
・前走アーリントンC①着
・NZT:35.4-35.7
【01年】
キタサンチャンネル
・ミスプロ×ニジンスキー
・前走アーリントンC②着
・NZT:36.0-35.2
【04年】
シーキングザダイヤ
・ストームキャット×ミスプロ
・前走アーリントンC①着
・NZT:34.9-35.6
【05年】
マイネルハーティー
・ミスプロ×トゥルビヨン
・朝日杯FS④着
・前々走シンザン記念②着
・NZT:34.4-35.8

■芝1600m重賞連対経験馬

【02年】
タイキリオン
・ニアークティック×ミスプロ
・NZT:33.9-36.2
はなのき賞 
▽1:10.0-34.8(4-2)①着
▽1:10.0-35.8
12.1-10.8-11.3-
11.7-12.1-12.0
34.2-35.8
【03年】
エイシンツルギザン
・テスコボーイ×ミスプロ
・NZT:35.0-35.7
はなのき賞 
▽1:09.8-35.1(8-8)①着
▽1:09.8-35.3
12.2-10.8-11.5-
11.8-11.7-11.8
34.5-35.3

■近2走以内芝1200m500万以上で
  前傾のレース優勝馬
(はなのき賞優勝のミスプロ系では限定しすぎか)

【04年】
マイネルスケルツィ
・ロベルト×ミスプロ
・NZT:34.6-35.7
きさらぎ賞 
▽1:47.6-35.0(3-3)③着
▽1:47.4-34.9
12.8-11.0-11.5-
12.2-12.5-12.5-
11.9-11.3-11.7
35.3-37.2-34.9
【07年】
トーホウレーサー
・ダンチヒ×テスコボーイ
・NZT:34.5-35.6
毎日杯 
▽1:48.4-34.8(1-1)⑤着
▽1:48.0-34.8
12.6-10.8-11.4-
13.0-13.0-12.7-
11.5-11.0-12.0
34.8-38.7-34.5

■1800m重賞を先行して⑤着以内好走経験馬

00年は
逃げ馬不在で
15番人気のダート馬が逃げる展開
01年は
前走アーリントンCを逃げて②着(36.4-35.3)の
優勝馬キタサンチャンネルの逃げ(36.0-35.2)で
後傾となったが
前後半差1秒近い前傾の消耗戦がデフォ。
1800m重賞を先行して踏ん張った馬
近2走以内芝1200mで
テン34秒前半の前傾レースを
差して優勝していた馬が好成績。
マイル重賞で勝ち負けする力のなかった馬も浮上で
近走ローテが重要か?

ゴスホークケン(朝日杯FS:34.7-35.2)
ダンツキッスイ(アーリントンC:35.4-37.3)
の登録もあり
これらが主導のレース想定なら
テン35秒前後からの消耗戦になりそうな様子。
テンの速いレースを経験している馬を優先したい。

血統では
中山で施行されるようになった過去8年で
父もしくは母父が
ミスプロ系6頭
テスコボーイ系2頭
どちらの血も持たなかったのは
朝日杯FS勝ちのエイシンプレストンのみで、
G1馬以外は上げ下げの材料になるか?
あと
ダンチヒ系も複勝圏に4頭と好相性。

▽該当馬
アポロフェニックス(ミスプロ)
エーシンフォワード
ゴスホークケン(ミスプロ)
ダンツキッスイ
ロードバリオス

<連対馬の傾向>
■前走500万以上優勝馬
■芝1200mOP優勝経験馬
■前走芝1600m重賞③着以内好走馬
■ファルコンS(旧クリスタルC)連対馬
■朝日杯FS③着以内好走馬

【00年】
マチカネホクシン
・ブラッシングルーム×リボー
・朝日杯FS③着(33.5-37.6)
アグネスデジタル
・ミスプロ×ダンチヒ
・前走クリスタルC③着(33.4-36.4)

【01年】
ネイティヴハート
・グレイソヴリン×ノーザンテースト
・朝日杯FS③着(35.0-36.1)
エアヴァルジャン
SS×リファール
・前走中山芝1600m500万優勝(34.5-37.6)

【02年】
サーガノヴェル
・ダンチヒ×アリダー
・前走クリスタルC①着(32.4-35.2)
メジャーカフェ
・ミスプロ×ヴァイスリージェント
・前走中山芝1200m500万優勝(33.3-35.0)

【03年】
ギャラントアロー
・アリダー×ノーザンダンサー
・前走クリスタルC②着(33.2-35.0)
サクラタイリン
・テスコボーイ×トゥルビヨン
・前走中山芝1600m500万優勝(35.7-35.8)

【04年】
ナイストップボーイ
・SS×テスコボーイ
・前走阪神ダ1400m500万優勝(35.9-37.3)
ナムラビッグタイム
・テスコボーイ×ハイペリオン
・前走クリスタルC⑥着(先行出来ず敗退)
・芝1200mOP3勝
>もみじS(33.9-35.5)
>福島2歳S(33.5-35.5)
>ラベンダー賞(33.7-36.5)

【05年】
イヤダイヤダ
・ロベルト×ミスプロ
・前走阪神芝1400m500万優勝(34.2-35.6)
インプレッション
・SS×ミスプロ
・前走アーリントンC③着(35.0-35.9)

【06年】
ファイングレイン
・SS×ダンチヒ
・???
ロジック
・SS×テスコボーイ
・前走アーリントンC②着(35.1-35.6)

【07年】
マイネルフォーグ
・グレイソヴリン×ノーザンダンサー
・???
ワールドハンター
・ミスプロ×ノーザンダンサー
・前走ファルコンS⑤着(32.7-35.3)

ファイングレインは負けたのは芝1800mの2戦
マイネルフォーグは京王杯2歳S連対馬
しかし
特別マイル実績があるわけでなく
特別前傾ラップへの適性をみせていたわけでなく
なんだがひとまとめにするには無理がある。
今年は前走芝1800m重賞を先行というタイプが不在
>ロードバリオス(1-1)(35.0-35.3)がいた・・・
人気も展開も
前走芝1600m重賞優勝馬が中心になりそうなので
ひとまず00・01・04・05年の傾向から
掘り下げたほうがよさそうな・・・

▽該当馬
サトノプログレス
ダノンゴーゴー(ミスプロ)
タマモスクワート(ミスプロ)
ファリダット(ミスプロ)
メスナー(ミスプロ)

アポロラムセス(ミスプロ)
スペシャルブレイド(テスコボーイ)
リーサムクラウン

マイル実績とは無縁の馬がバンバン絡む
やっかいなレースだが、さて今年は・・・
見てるだけじゃ訳わからないんでダラダラ長くなったが
まとめようにもまとまらないのでそのままうp(苦笑


阪神牝馬S 考察

過去2年の傾向で
どこまでとは思いながらも・・・

<優勝馬の傾向>
【06年】
ラインクラフト
・エンドスイープ×SS
・阪神芝1400m重賞優勝(フィリーズR)
・前走高松宮記念②着(33.7-34.3)

【07年】
ジョリーダンス
・ダンスインザダーク×ノーザンダンサー
・前走中山芝1200m準OP優勝(牡馬混)(32.7-36.1)

■阪神芝1400m重賞優勝経験馬
■前走準OP優勝(牡馬混)

ともに前走芝12000mからの延長
②③着は芝1600mからの短縮馬が3頭
③着に同距離1頭

【06年】
12.3-10.5-11.0-11.2-11.7-11.9-12.6
33.8-11.2-36.2

【07年】
12.2-10.8-11.1-11.4-11.4-11.8-12.0
34.1-11.4-35.2

06年は
ラインクラフト(前走芝1200m)が
前年秋2連敗の
エアメサイア(前走芝1800m)を
3馬身(0.5秒)差で快勝。
07年は
ジョリーダンス(前走芝1200m準OP)が
ヴィクトリアマイル③⑤着馬
前走京都牝馬S(34.8-34.8)①③着馬を抑えての優勝
前2年のラップからも
前走テン33秒台のレースを経験している方が有利か

▽該当馬
ウエスタンビーナス(33.2)
ジョリーダンス(35.0)
タニノハイクレア(33.7)
ニホンピロブリュレ(33.8)

エイジアンウインズ(34.0)
キッスアンドライド(33.1)

前年覇者は斤量もローテも去年よりマイナス
今年もテン33秒台になりそうな印象で
斤量差利して今年も準OP組に妙味?

<連対馬の傾向>
【06年】
エアメサイア
・SS×ノーザンテースト
・前走牡馬混芝1800m重賞③着(中山記念)(37.1-35.6)
・G1優勝(秋華賞)

スナークスズラン
・リファール×ロベルト
・前走牡馬混芝1400m重賞④着(阪急杯)(34.6-36.2)

【07年】
アグネスラズベリ
・テスコボーイ×トニービン
・前走芝1600m重賞③着(京都牝馬S)(34.8-34.8)
・牡馬混芝1400m重賞③着(スワンS)

ディアデラノビア
・SS×ナスルーラ
・前走芝1600m重賞優勝(京都牝馬S)(34.8-34.8)
・牡馬混芝1600m重賞③着(マイラーズC)

■前走重賞③着以内好走馬
■牡馬混芝重賞⑤着好走経験馬
■G1優勝経験馬

▽該当馬
キストゥヘヴン(36.2)
ピンクカメオ(36.0)
ブルーメンブラット(36.3)
ローブデコルテ(34.7)

SSの血を持たなかった
スナークスズラン
アグネスラズベリ
は牡馬混芝1400m重賞で⑤着以内の実績があった
ひとつの判断材料になるかな?


桜花賞 考察

<優勝馬の傾向>
【関東馬】
■連勝馬(連対率100%、フラワーC優勝が理想)
■阪神JF優勝馬

【関西馬】
■阪神JFを逃げて連対した馬
■芝1600mOP連対もしくはG1③着経験のある
  複勝率100%馬

例外
ファレノプシス
・ブライアンズタイム×ストームキャット
・前走チューリップ賞④着
・エルフィンS優勝
・全成績(3.0.0.1.0)
プリモディーネ
・アフリート×ニジンスキー
・前走チューリップ賞④着
・ファンタジーS優勝
・全成績(2.0.0.1.0)

■前走チューリップ賞④着以内の
  それ以前OP優勝含む無敗馬

チアズグレイス
・SS×リファール
・前走チューリップ賞⑩着
・エルフィンS②着
・全成績(2.2.0.2.1)

■エルフィンS連対馬

ファレノプシス(前走④着:3番人気)
チアズグレイス(前走⑩着:6番人気)
アローキャリー(前走⑧着:13番人気)
と、人気も前走着順も無視の破壊力はこの組。
オークスでは
アローキャリーに替わり
チャペルコンサート(12番人気②着)
やエアメサイア、チアズグレイスも連対。
去年の優勝馬はいうまでもなくウオッカ。

過去10年で
阪神JFと桜花賞共に優勝した差し馬は
なし。
阪神JFと桜花賞共に連対した差し馬は
ウオッカ(6-6)のみ。
(11年前にメジロドーベル(5-5-3))
阪神JFを逃げ先行で連対した馬が
桜花賞に出走するとテン3F同じような流れになるが、
ペースメーカーが安定しない年は
阪神JFに比べて1秒近く前半が速くなる傾向。
去年は前半速い流れから
トールポピー(11-8)
レーヴダムール(17-15)
差しというより追い込みに近い位置取りの2頭で決着。
チューリップ賞でスローの競馬にも順応してみせたので
大崩れはなさそうだが
実際エアパスカルを捉えきれずに②着。
自分の形で競馬をさせてもらえる保障はなく
過信禁物か。

同じように
阪神JFがテン34秒前半だった去年は
阪神JF34.4→桜花賞:35.7
と逆に1.3秒遅くなり
スティンガー(11-10-8)
エイシンレマーズ(13-11-8)
の追い込み馬同士で決着した
98-99年も
阪神JF34.3→桜花賞:35.1
と、逆に0.8秒遅くなった
(阪神JFと逆流になるイメージ←騎手心理も影響?)
去年はダイワスカーレットの存在が
大きく影響したともとれ、
スティンガーは1番人気で休み明けの出遅れ、
今年も遅くなるとは断言できないが、
前走逃げたエアパスカルは36.1
ブラックエンブレム、ポルトフィーノも
スローに耐えられず(付き合わず)捲って先頭の形
テン34.8と速かったフィリーズRは追い込み決着で
吉田豊騎手に戻るデヴェロッペあたりの逃げになるか?
乱ペースも想定に、
この部分の検証が今年の肝かもしれない。

▽該当馬
ソーマジック
トールポピー
ブラックエンブレム
ポルトフィーノ

一長一短ですね・・・

<連対馬の傾向>
■連対率100%馬(阪神JF除きでおk)
■連勝馬(重賞含む)

例外
ムーンライトタンゴ
・ダンスインザダーク×トニービン
・前走阪神芝1600m優勝
・連勝馬
ブルーリッジリバー
・フジキセキ×ノーザンテースト
・前走フィリーズR④着
シーイズトウショウ
・サクラバクシンオー×トゥルビヨン
・前走チューリップ賞④着
・阪神JF④着
・全成績(1.3.2.2.0)

今年は500万組の出走は厳しそうだし
全成績④着以下なしのシーイズはともかく
マイル戦を除いて(⑨⑫着)④着以下なしの
ブルーリッジリバーってw
母父ノーザンテーストとかでしか拾えない?

▽該当馬
エアパスカル
オディール
リトルアマポーラ

エアパスカル
ダート変更の1戦を除いて連対率100%
ただ以前はダート勝ち馬と以外にリンクするレースで・・・
エイムアットビップ
前走度外視できる出来ならだが、
写真を見る限り一変の期待は?


複勝圏には
■芝1600m重賞優勝経験馬
■複勝率100%馬(OP含む)

例外
エアデジャヴー
・ノーザンテースト×ボールドルーラー
・芝1600m重賞連対
・近2走ともOP②着

デアリングハート
・SS×ダンチヒ
・前走フィリーズR②着
・阪神JF⑤着

前走連対かつ
芝1600m含むOP連対経験が2回以上
もしくは阪神JF⑤着以内経験ある馬

エフティマイア
シャランジュ
マイネレーツェル
あたりまでが複勝圏争いか?


Games People Play

期待した馬は④⑤⑥着が指定席
ダービー卿も④⑤着から総流しの3複
戦意喪失
もう涙目で参戦のおーさかはい

産経大阪杯
産経大阪杯_080406

やっと当たった(T-T
秋華賞ほどユルユルではないのだろうけれど
当日1000万との比較でも速い馬場だったようで
ダスカはいつもの競馬、
後続の無策っぷりが目に付く結果か。
エイシンが残ったりしたんで
またドスローの凡レース呼ばわりされそうだw
>おかげでガミらずにすみました

ダスカはプラス体重も出来の良さが目立ったが
後は取り立てて目に付くのが・・・
サムソンは硬さはないものの張りも気配も物足りない
アサクサはちょっと緩め
でも休み明けだし他よりはと
で複勝圏なら1頭除いてノーチャンスでもないかと
チキンに3複。

こちらの調子とは関係なくやってくるG1ウィーク。
こんなときもあるさと
地道にネタを仕込むしかないですね
>ガンガレオレ

やっと当たったといえば

▼六車奈々
六車奈々_071223_03

94連敗stop。
とはいえ番組構成上暗黙の
”3単縛り”
”プレゼントBOX馬券的に◎が被らないように”
もありーので
感覚と雰囲気のタレント予想よりは
ずっと好感持てるんですけどね。

タレントというのも曖昧な肩書きで

いろいろ手広くやってらっしゃるようで

あれ?

誰かに似てると思ってたんですが





・・・





六車奈々_071223_04


・・・戸田恵子

この人の狙うポジションはそこか?
アンパンマンの声マネとかし出したら気をつけろ(笑

続きを読む

伏竜S 考察

<優勝馬の傾向>
【07年】
メイショウエグル
・ミスプロ×SS
・前走ダ1800m500万優勝
・近2走とも連対
・ダ1800m連対率100%(2.1.0.0)
【06年】
フレンドシップ
・ヴァイスリージェント×リボー
・前走ダ1800m500万優勝
・ダ連対率100%
【05年】
ダイワキングコン
・ミスプロ×ヒムヤー
・前走芝、2・3走前連勝
・ダ連対率100%
【04年】
メイショウムネノリ
・アリダー×テスコボーイ
・前走東京ダ1600mOP③着
・ダ複勝率100%
【03年】
ビッグウルフ
・ミスプロ×グレイソヴリン
・前走ダ1800mOP優勝
・ダ連対率100%
【02年】
ディーエスサンダー
・SS×ニジンスキー
・前走ダ1800m500万②着
・中央ダ連対率100%
【01年】
タガノフォーティ
・ミスプロ×インリアリティ
・前走芝、2・3走前連勝
・ダ勝率100%
【00年】
マイネルブライアン
・ロベルト×テスコボーイ
・ダ1200m連勝
・ダ勝率100%(2戦2勝)

ダート戦
■連対率100%
■ダOP経験馬は複勝率100%

メイショウエグルは
全ダ(2.1.0.1)ダ1700m④着も
ダ1800m連対率100%

前走(芝を除いて)
■500万優勝
■OP③着以内

距離経験がなかったのは
ダイワキングコン
マイネルブライアン
のダート戦連勝馬

例外
ディーエスサンダー
・ダ連対率100%
・ダ1800m優勝
・ダ2勝以上
の全ての条件を満たす出走馬不在

▽該当馬
コロナグラフ
スカーレットライン
ユビキタス

トシナギサ
ピエナエイム
ビーチパトロール
マヤノベンケイ(ロベルト)

相手がヌルかった印象もあり
素質は認めるも未知の部分もある
スカーレットライン、ユビキタス。
同日1000万の時計比較なら
ユビキタス>スカーレットラインか?
関西圏で走ってる馬では
位置取り、直線の長さや坂を考えると
案外前を捕まえるのに苦労しそうな
ピエナエイムや
中盤緩んだレースを差し込む
クリールパッションより
コロナグラフをひとまず信頼か。

先週日曜のダ1800m3鞍ともに
父もしくは母父ロベルト系が優勝。
ん~、1頭ですか・・・

<連対馬の傾向>
■ダ1800m含むダート戦2勝以上馬

例外
カイトヒルウインド
・ヘイロー×ノーザンダンサー
・前走ヒヤシンスS②着
マイネルエーレ
・インリアリティ×プリンスキロ
・前走ヒヤシンスS④着
・ダ1400mOP優勝

距離実績がない馬はOP連対実績は欲しいところ

▽該当馬
クリールパッション
ソラメンテウナベス
ナンヨーヒルトップ

Jの一線級が揃うとも言い難く
芝を諦めた馬の名ばかりのOPの風情も・・・
サクセスブロッケン
カジノドライヴのような馬に
見向きもされない番組ってどうなのか?
とはいえ
ダート戦で簡単に崩れるようでは勝ち負けは厳しい。


ダービー卿CT 考察

ハンデ戦に変更された
近6年の傾向から

<優勝馬の傾向>
■中山OP優勝経験馬
■前走芝1600m準OP以上優勝馬

例外
ダンツジャッジ
・インリアリティ×リファール
・近2走とも中山マイルOP④着で先着馬5頭不出走
 メジロマイヤーは道悪で凡走か?
>キャピタルS:1.33.7 54kg
>東風S:1.33.4 55kg

過去10年の優勝馬で
上記条件に当て嵌まらなかったのは
フサイチエアデール
・SS×ミスプロ
・桜花賞②着
・シンザン記念①着

4歳馬が過去6年で3勝(②着4回)
4歳以上の優勝馬は2頭が前走優勝馬
グレイトジャーニー(牡5・父SS)が
・SS×ミスプロ
・前走中山マイル③着
・マイル重賞優勝
・中山OP優勝
前走敗退かつ4歳以上の連対馬では
マイネアイル(牝5・父ブラッシンググルーム系)
チアズメッセージ(牝5・父SS)
の牝馬2頭。

SS産駒以外の前走連対できなかった馬
前走③着以下の4歳以上牡馬
には、多少のハンデを貰っても厳しい1戦か?

▽該当馬
グレイトフルタイム(牡4・ミスプロ)
ゲイルスパーキー(牡4・リファール)
ヒカルオオゾラ(牡4)
ピンクカメオ(牝4)
マルカシェンク(牡4・SS×ミスプロ)

オーシャンエイプス(牡4)
インセンティブガイ(ミスプロ×SS)
キングストレイル (父SS)
サイレントプライド(母父SS)
ニシノシタン
マイネルハーティー(ミスプロ)

<連対馬の傾向>
■芝1600m重賞勝ちのある牝馬
■前走芝1600mOP連対馬

芝1600m重賞連対経験のある牝馬
が過去6年で3連対。
SS×ノーザンテースト
が過去6年で3連対。
あと血統では
ブラッシングルーム
ミスプロ
の好走目立つ。

例外
トレジャー(牡4)
・ロベルト×ニジンスキー
・中山(1.1.0.0) セントライト記念②着
マイネルソロモン(牡4)
・トゥルビヨン×ノーザンダンサー
・中山(2.0.0.0)
・デビュー3連勝でOP優勝
・芝1600m重賞③着

■中山連対率100%の4歳牡馬
に注意か。

▽該当馬
カンファーベスト
リザーブカード

ニシノナースコール

複勝圏には
マイルOP優勝
マイルG1連対経験馬
またリピーターに注意といったところか。

登録馬
好走傾向該当馬も多く
どれが出てきても混戦必至?
4歳馬、コース実績に
ハンデも傾向も味方しそうな印象ですが・・・

続きを読む

産経大阪杯 考察

<優勝馬の傾向>
■有馬記念③着以内好走馬
■芝2000mG1優勝経験馬
■前走芝2000mOP優勝馬

例外
サイレントハンター
・SS×リボー
・4走前中山金杯優勝
・近4走全て④着以内
トーホウドリーム
・ノーザンテースト×ニジンスキー
・前走京都記念⑤着
・2・3走前1000万・準OP連勝
カンパニー
・グレイソヴリン×ノーザンテースト
・前々走京阪杯優勝

■近2走以内優勝のノーザンテースト系
■近2走以内もしくは年明け重賞優勝かつ
  重賞優勝以後全て④着以内好走馬
に注意といったところか。

▽該当馬
サンライズマックス(リファール)
ダイワスカーレット(ノーザンテースト)
メイショウサムソン(リファール)
ヴィクトリー

<連対馬の傾向>
■前走重賞優勝馬
■阪神芝2000mOP連対経験馬

例外
ロードプラチナム
・トニービン×ミスプロ
・4連勝馬

▽該当馬
アサクサキングス(リファール)
アドマイヤメイン(SS)
インティライミ(ノーザンテースト)
ブライトトゥモロー

複勝圏には
■芝2000m重賞優勝経験馬

例外
アドマイヤボス
・SS×グレイソヴリン
・セントライト記念優勝
サイレントディール
・SS×ヌレイエフ
・シンザン記念優勝
・フェブラリーS②着
メイショウオウテ
・SS×ロベルト

去年は転厩初戦、OP④着が最高着順の
メイショウオウテで間に合った。
SS産駒なら足りるw

好走目立つ血統は
リファール
ノーザンテースト
SS
直仔以外はダンスインザダーク産駒なら。

該当するのはスウィフトカレント(SS)くらいか。

2強VS4歳牡馬
あとは複勝圏あるか?の印象ですが。
ヴィクトリーがここも控えるようなら
レースを操るのはダイワスカーレットか?
有力馬が休み明けの前哨戦、
牡馬G1馬は59kg
サンライズマックスも
前走から3kg増でデビュー戦で負かしている馬。
捕まえるべく
早めに各馬が動くようなら、
インティライミ
サンライズマックス
テースト、リファールの持続力ある差し
だが、そこまで激しい競馬にはならないか?
メインの逃げも・・・
オーナーの顔色伺うような鞍上では現状打破は?
障害入りの話もあり・・・


カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
競馬場のお天気

■京都競馬場

■阪神競馬場

■東京競馬場

■中山競馬場

■福島競馬場

リンク:Yahoo!天気情報

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Google AdSense
プロフィール
■競馬の過去と未来を繋ぐ為、
  馬券を買い続ける
  元シルク会員。

Author:うまなりの世界
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
まもなく発売を締め切ります
美人時計(京都版) http://www.bijint.com/kyoto

京都競馬場が「美人時計京都版」とコラボレーション!「美人時計京都版」では、京都競馬場で撮影した時間をお知らせする写真を、さらに「京都競馬場特集ページ」では出演する女の子が競馬場体験や乗馬体験をしているムービーなどをご覧いただけます。

数独(sudoku)

予想データベース

■JRAホームページ

■競走馬登録馬名簿

■馬主|keiba-db.com

■netkeiba.com - データベース

■優駿達の蹄

■JSE - 中央競馬データベース

■Yahoo!スポーツ 競馬

■競馬 - SANSPO.COM

■競馬ブック PHOTOパドック

■やまくら

■IK血統研究所

■地方競馬情報サイト

■園田・姫路競馬場

■オッズパーク

■nankankeiba.com

■radiko

競馬Blog

■@Tracks

■JRAへの戦略
  【年間プラス収支の助言】

■Laugh Paddock

■うまなりの世界
  (過去ログ)

■カズスポBlog
   -Road to Fantasista-

■競馬情報会社イチオシ!

■競馬情報まるかじり

■厳選長州(再び!!)

■しまうま競馬

■ボルジャノン厩舎

■ぽんこつカンピューター

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

AKB48メンバーブログチェッカー
attention

記事に関係のない、 また商品販売目的などの トラックバック・コメントは、 ご連絡なく削除させていただく場合があります。 ご了承ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。